シチューの肉がよりおいしくなる裏ワザとは?

煮込み料理の味の判断基準として、肉のおいしさや歯ごたえのよさは絶対はずせないところですよね。

そこで、シチューに使う肉の選び方や下ごしらえの方法、煮込み方などをご紹介します。

スポンサーリンク

塊肉を自分で切るほうがベター

シチュー用としてすでに切ってある肉が市販されていますが、多くの場合は肉が小さすぎるのであまりおすすめできません。シチューやカレーなどは、長時間煮込んでいるうちに肉がちぢんでくるので、むしろ塊肉を買って自分で4〜5センチ角に切って使うほうがベターです。

煮込む前に赤ワインにつけておく

スジ肉などを使う場合は、そのままでは固いので、煮込む前に4〜5時間ほど赤ワインにつけておきましょう。赤ワインの酵母の働きで肉がやわらかくなります。
また、肉に赤ワインのエキスがしみ込み、味も数段アップします。

フタをするのはNG!

シチューやカレーを煮込むときは、フタをしないのが鉄則です。フタをすると蒸気や肉の臭みが抜けず、水っぽい仕上がりになってしまいますが、フタをあけておけば、蒸気が自由に逃げられるので、ルーが程よく煮詰まり、肉の臭みもとれて、くせのないまろやかな仕上がりになります。

市販の素でもプロの味に!

ビーフシチューは、市販の素でもレストラン並の味に仕上げることができます。決め手となるのは、ブランデーとスープの素です。
牛肉を炒めるときにブランデーを大さじ1杯くらい振りかければ、これだけで一段と香ばしい風味になります。
また、シチューをのばすときは、水ではなく必ずスープストックを使いましょう。スープは鶏ガラから煮出したものがベストですが、お湯にスープの素を溶いたものでもOKです。これでも風味が足りない場合は、トマトピューレを加えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

防災袋と食品備蓄の違い

2014.12.21

備蓄食料や備蓄飲料の消費と収納法は?

「備蓄食料」「備蓄飲料」、どうしてますか? 「置く場所がないのであんまり気にして…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る