秋になったら夏物クリーニングと冬支度

秋は、夏物の片付けと冬物の準備とで忙しい季節です。

お手軽かつちゃんとしたお手入れで、効率よく済ませましょう。

スポンサーリンク

夏物のお手入れ

汗などで汚れた夏物は、素材に応じた手入れをすれば次の年も使えます。

麦わら帽子

洋服ブラシで網目に詰まったホコリを取ります。掃除機を使うとより簡単です。内側の芯の部分は汗で汚れているので、薄めた中性洗剤をタオルに浸し、固くしぼって拭きます。頭の部分に新聞紙を詰めて収納すると型崩れしません。

日傘

洋服ブラシか掃除機でホコリを取ります。綿製なら薄めた中性洗剤にタオルを浸し、固くしぼって拭き取ります。麻製なら蛍光剤が入っていない固形石鹸か粉石鹸を布につけ、下にあて布をして上からたたき、汚れを取ります。

アクセサリー

プラスチック製のものは不織布でよく拭かないと、汗の塩分で変色することがあります。銀製のものはつけたまま入浴し、体と一緒に洗って塩分を取ります。変色してきたら専用の銀磨きを使いましょう。

秋冬物を出したら

出した冬物のトラブルは次の方法でカバーします。

シワ

スチームアイロンを浮かしてかけます。お風呂場にお湯をため、その上で肩広のハンガーに掛けてしばらく吊るしてもOKです。

型崩れ

  • ウール…スチームアイロンを浮かせてかける。
  • 混紡…低温でアイロンがけ。
  • シルク…中温でしっかりアイロンがけ。水気を嫌うのでスチームはNG。

ニオイ

防虫剤のニオイを取るために、必ず前日までに出して風を通します。無臭タイプの防虫剤でも、一日風を通すほうが繊維のためにはいいのです。

次の年のことを考えた収納を!

モノはつめこまず、ゆったり収納します。ハンガーで収納するなら、型崩れの原因になる針金ハンガーは避けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

子供服の収納術

2014.5.19

整理が大変!子供服の収納術は?

大人と違って、サイズも小さく、数も多くてかさばりやすいのが子供服。子供服の収納…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る