収納グッズが「帯に短したすきに長し」…そんなときはDIYに挑戦!

収納グッズが必要で探し歩いてみても、我が家に合うものが案外少ないと感じたことはありませんか?

実は、私たちが住んでいる家の多くは規格通りの家ではないため、雑誌に出ているような広さがなく、収納グッズが「帯に短したすきに長し」になってしまうのは無理もないことなのです。

それならばいっそのこと、自分でぴったり合うものを手作りしてしまいましょう。

スポンサーリンク

廃物利用よりDIY!

といっても、牛乳パックやさまざまな空き箱などの廃物利用の収納グッズでは、いくらきれいに作っても乱雑さが目立ち、第一オシャレではありません。
そこで、もう少しインテリア性のある材料を…と考えると、ホームセンターで安易に手に入るカラーボックス・つっぱり棒・棚板・すのこ・レンガ・ロールカーテン・トレリス・フック・キャスター・各種取っ手などを組み合わせて作るDIYが一番なのです。工具にしても、クギを打つ必要はほとんどなく、せいぜいドライバー・電動ドリル・キリ・ペンチ(ニッパー)・ハンディータッカー・メジャー・両面テープなど、素人が手軽に使えるものだけで十分です。

DIYはこんなにいいことずくめ

DIYなら、サイズを室内に合わせてどのようにでも調整できるので、隙間家具を入れたりする必要のないジャストサイズに仕上がります。また、自分がこだわって集めた宝物を組み合わせて飾ることで自分らしさを打ち出すこともでき、そのうえ使い勝手がよく低予算とくれば、こんなに楽しいことはありませんよね。

半日〜1日でできる!

かかるのはわずか半日から1日です。ぴったりの収納グッズになかなか出合えないという人、時間やエネルギーがありあまっているという人は、収納グッズのDIYに没頭してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

Tシャツの基本の畳み方

2014.2.5

Tシャツをつまんでクルリンと畳んで簡単収納。ミリタリーロールもオススメ♪

子供から大人まで、みんな大好きTシャツ。 おしゃれな上、手頃な値段で買えるTシャ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る