問題は、その量 〜 片付けを加速するレシピ

勇気を出して長年見てみぬふりをしてきたガラクタと向き合ってみた結果、意外でもなんでもないモノだけれどもなぜこんなにたくさんあるのだろうと呆れてしまうことがよくあります。

スポンサーリンク

タダに弱い人間の心理

一般的に、保冷剤、各種試供品、割り箸やスプーン、スーパーの袋、ポケットティッシュ、タオル、わさびやからしの小袋などが最も多いのではないかと思いますが、これらに共通しているのは、おまけのようについてくるモノやタダでもらえるものばかりということです。

やはり、人間の欲として、今どうしても必要というわけではないけれども買うのはもったいないからタダでもらえるモノはもらっておこう、という心理が働くようです。どう考えても一生かかっても使い切れないという量でも、やはり捨てることに抵抗があり、どんどんたまっていってしまいます。

保管する量や期間を設定する

しかし、それらはどれも普段使うモノばかりで、普通にあってもいいモノです。問題はその数量なのです。
タダでもらえるモノでも自分で買うモノでも、在庫の持ちすぎを防ぐためには、まず保管する量や期間を決めることが大切です。

これは何個・何種類までと決め、その量を超過したら古いものや不要なものから処分する、あるいは、いつまで保管してそれを過ぎたら捨てる、というように、自分なりのリミットを設定して管理していけば、もったいない、いつか使うかもしれない、という理由でモノを必要以上にためこむ習性は改善されていくのではないでしょうか。

普段からモノを増やさない意識を

もちろん、切らすのが不安だからとか安いからという理由でむやみに買いだめをしない、試供品はもらったその日のうちに使うなど、無駄にモノを増やさない意識を普段から持つことも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る