• 2013/11/22

省エネ最新家電へ買替のお金を貯める電気代の節約術

家賃の他に、毎月必ず必要となるのが、水道光熱費。つまり、「水道代」「ガス代」「電気代」です。

引っ越しや転居のときなどにも、まずはこれらの契約をすると思います。
毎日の生活に密着してる水道光熱費の節約は、成功すれば大きな成果に!

水道光熱費の中でも、「電気代が一番高い!」という人は多いのではないでしょうか?

節約を始めるなら、まずは成果を出しやすい電気代からスタートしてみましょう。

スポンサーリンク

各家電の電気代の節約方法

テレビ

テレビを意味もなく、一日中つけている人はいませんか?
そんな人は、テレビは見たい番組だけを見るようにしましょう。

番組表などで、あらかじめ見たい番組だけを見ると決めておけば、ムダにテレビを見なくなり、電気代の節約へとつながります。
テレビはエアコンに次いで大きな電力を使う機器なので、テレビの電気代を節約するだけでも、大きな節約になります。

洗濯機

現在の全自動洗濯機には、さまざまコースがあります。

例えば、「スピードコース」にすると、おまかせコースよりも約60%の電気代が節約でき、節水できることがあります。
最近では、スピードコースに対応した洗剤もあるので、安心してスピードコースを使用することができます。

エアコン

家庭の中で一番電力を使うのは、エアコン。
特に、暖かい空気は軽いため、天井にこもりがちになります。
床に近いほど寒く感じるため、いくら強風で暖めても、一向に暖まらず電気代のムダになっています。

空気を効率よく循環させるためには、扇風機を使いましょう。
扇風機を上にむけて、空気を循環させることで、暖かい空気が下の方まで降りてきて、快適に過ごすことができます。
強風で暖めなくても、この方法なら弱風でも快適です。

炊飯器

日本人には欠かせない炊飯器。
炊飯器は、約17時間保温にしたままにしておくと、1回の炊飯と同じだけの電気代を消費します。
炊いたお米は保温ではなく、冷凍して食べる際にレンジで解凍した方が節約になります。

まとめ

知らないと気が付かないうちに使ってしまっている電気代。
この方法なら、ツラい思いをせずに、ちょっとした手間で節約になるので、ぜひ今日から実践してみましょう!

普段使っている家電の電気代節約で成果を出して、最新型の省エネ家電へ買い替えができれば、更に節約できるという好循環を生み出せるかもしれません!!

宅急便代の節約  |  ムリなく幸せに!目標は月1万円の節約術  |  食費の節約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

子供服の収納術

2014.5.19

整理が大変!子供服の収納術は?

大人と違って、サイズも小さく、数も多くてかさばりやすいのが子供服。子供服の収納…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る