衣替えで衣類の虫食いやカビ、どうやって防げばいいの?

冬から春、夏から秋へと、新しい季節を迎えるタイミングで衣替えをされていると思いますが、衣替えは必ず天気の良い日を選んで行うようにしましょう。
雨の日や湿度が高い日は、これから収納する洋服が湿気を含んでしまいます。そのまま仕舞ってしまうと虫食いやカビの原因になります。

洋服は洗ってしっかり乾かしたものを収納します。カシミヤなどの素材は虫に食われやすいので、チャックつきのビニール袋に防虫剤と一緒に入れて、空気を抜いて密封します。

こうすることでぐんと虫食いが防げるようになりますので、大事な衣類には是非試してみて下さい。

クローゼットや押入れに収納した後も、安心は禁物です。
ずっと閉めきっていると、中の湿度が高くなり、虫食いやカビの原因になります。

天気の良い日に時々戸をあけて、クローゼットや押入れの中を換気する習慣をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.11.20

子ども部屋の収納はどうすれば良い?

お子さんの遊ぶ・勉強する・着替る・眠るといった生活の場である子ども部屋。子どもの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る