老前整理…体力・気力があるうちに片付ける

生前整理、遺品整理というのは昔からありますが、最近では老前整理というもの言葉も出てきています。
遺品整理は残された人がすることで、生前整理は残される人のためにすることですが、老前整理は自分のためにする作業です。

老前整理とは何か?

それは、体力があるうちに、いらないものを整理しておき、自分の身の回りをスッキリさせておくことを意味します。
老前整理をすることで、身軽になり、気持ちをリフレッシュして生活ができるようになるのです。

年を重ねる毎に、つまり長く生きていけばいくこと、多くのモノと出会うため、モノの量はどんどん多くなっていくのが一般的です。
しかし、モノを片付けるための体力は反比例するように落ちてしまいます。

自分の力では片付けが困難になる前に、つまり、老いる前に片付けをしてしまい、生活環境を整理してダウンサイジングすることで、老後生活をシンプルにすることができるのです。

【注意】
老前整理は、くらしかるの登録商標となっているため、遺品整理や生前整理と違い、一般的なサービス名称ではありません。
そのため、くらしかる以外のサービス事業者が、「老前整理」というサービスメニューで商売をしていることはないと考えられます。
一般的なサービス名称としては、「不用品処分」や「片付け」などになると思いますが、それを、老いる前のタイミングで実施し、高齢になっても住みやすい環境にすることとも言えるでしょう。

老前整理は、老後の事故や健康を守る

高齢になっていくと、どんどん物を溜め込んでしまう癖が見られることがあります。片付ける体力がなくなるとともに、「捨てる」という判断ができなくなっているからと考えられます。

体力、判断力が弱くなってきていることに加え、物が多くなってきて片付けられないとなると、そこは危険な環境になっていると言えます。
モノに躓いて転倒したり、落下物にぶつかるなど事故のリスクも高くなります。

高齢者にとって、家の中での事故というのは決して少なくありません。もしかしたら、転倒などによって意識を失い、そのまま亡くなってしまうケースもあるかもしれません。単身の高齢者の場合、発見してくれる人が家の中では居ないからです。

老前整理をしておくことは、高齢になった後の事故を防ぎ、健康で快適に過ごしていくためにも必要なのです。

老前整理の仕方をチェック

老前整理と言っても、片付けの仕方は一般的な片付けの仕方と大きく変わりません。
ただし、高齢になったら、ライフスタイルはシンプルにすべきでしょう。体力があった若いころと違い、あれもこれもと色々とできなくなるからです。

  • よく使うもの
  • 比較的使うもの
  • あまり使わないもの
  • 使わないもの

オーソドックスに分けていき、あまり使わないもの、使わないものは捨てる…と決めておくのも効果的です。

老前整理は、自分のために行なうものです。
高齢になってからも自分が気持ち良く生活できるように、片付けや整理を意識をしておくと良いでしょう。

生前整理…「立つ鳥跡を濁さず」の身支度  |  片付けの秘密TOP  |  遺品整理の片付けは特別

date:

ピックアップ記事

2015.11.20

子ども部屋の収納はどうすれば良い?

お子さんの遊ぶ・勉強する・着替る・眠るといった生活の場である子ども部屋。子どもの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る